【超お手軽!】 たった10分で路面からのアイキャッチ効果アップ? ウィンドウ面をカッティングシートで簡単ハロウィン装飾!

Pocket

いよいよ10月に入り、ハロウィンシーズンに突入しました!

店舗オーナー様、販売スタッフ様、店舗のハロウィン装飾は、もうお済でしょうか?

 

ウィンドウ面へのウォールステッカー

今日、ご紹介したいハロウィン装飾アイテムはカッティングシートです。カッティングシートとは、壁面やガラス面などに貼るステッカーの事を言います。ハロウィンなど、期間限定のイベント中に、ウィンドウ面に装飾する事が出来ます。

ウィンドウ面をハロウィン装飾することで、アイキャッチ効果が期待でき、路面店舗様の場合、通行する人の視線を獲得できる可能性も高まります。自店舗への、誘導率を高めることを目的として使用してみるのはいかがでしょうか。

また、ご来店頂くお客様に、ハロウィンムードを高めて頂く事により、気分の高揚感からの販売率アップも期待できるかもしれませんね。

イベント期間が終了したら、簡単に剥がせ、シール痕など残る心配がありませんので、安心してご使用頂けます!

※イベントなど短期間での使用を前提にしております。ご使用条件、貼付け期間が長期化する場合は、糊が固着してしまい、きれいに剥がせなくなる可能性もございます。その場合は、市販されているシール・ラベル剥がしスプレーなどをご利用ください。

 

アパレル店舗様などにも、多数導入実績のある商材となりますので安心してご利用頂けますが、普段は職人さんがウィンドウ面にカッティングシートを貼り付けるため、なかなか貼り方についての手順が分からない方もいらっしゃると思いますので、誰でも簡単にカッティングシートの貼り方をマスターできるように、手順を記載させて頂きます。

 

では早速、カッティングシートの貼付け方について解説していきます。

 

1.カッティングシート貼付け箇所の選定

ウィンドウ面の確認
▲まずは、カッティングシートを貼り付ける箇所を選定しましょう。なるだけ、路面からの視線を惹きつける位置に装飾を施す方が、より効果的ですよね。一例としましては、店舗の入り口のウィンドウ面に貼り付けてみてはいかがでしょうか?

※ウィンドウ面が汚れている場合は、事前に乾拭きや、水拭きなどして、ウィンドウ面の汚れを落としておくことをおすすめいたします。

 

2.貼付け前の計測作業

スケールによる計測
▲いきなりカッティングシートを貼り付けて歪んでしまった。高さが間違っていた。。という事にならないよう、事前にスケール等で張り付ける高さを計測しておきましょう。貼り付ける高さの位置が決定しましたら、マスキングテープなどで、予め記しをしておきます。

※マスキングテープは、お客様ご自身で事前にご準備ください。ホームセンターなどで販売しています。

 

3.貼付け位置の調整

位置決め
▲まず一旦、軽くカッティングシートをウィンドウ面に当ててマスキングテープで仮止めしてみます。左右の高さのズレ等が発生していないか等、一度遠目から確認しておくと良いでしょう。仮止めが終わりましたら、マスキングテープで上部をしっかり固定してください。

 

左右の高さの計測
▲もう一度、今度は下からスケールを当て、左右の高さのズレが無い事を確認します。この段階でズレが発生している場合は、平行バランスを再調整します。この段階できちんと、計測しておくと、水平で綺麗に仕上げる事ができます。

 

4.カッティングシートの貼付け作業

保護シートを剥がします。
▲ガラス面にカッティングシートを貼り付けるため、裏面の保護シートをゆっくり剥がしていきます。

施工前のポイント・注意点
事前に、一度上部の透明シートの上からスキージで強くこすりつけておいてください。
透明シート側にカッティング素材が貼りついてこない場合は、再度同様の作業を繰り返していただき、透明シート側にきちんと転写出来た状態で、壁面やウィンドウ面への貼付け作業を行うことをオススメ致します。

 

ウォールステッカーの貼付け
▲ステッカーが同士がよれて引っ付かないように、焦らずにゆっくり慎重に作業を進めてください。

※屋外の場合、風が強い、雨が降っているなど、気象条件の悪い時は避けるようにしてください。

 

スキージを使用してこすり付ける
▲カッティングシートをウィンドウ面に貼り付ける際は、(※)スキージをご使用頂くと、よりスムーズに、きれいに貼る事が出来ます。スキージを使って、カッティングシートを全てウィンドウ面に押し付けて張り付けてください。

(※)スキージは、ホームセンターなどで売られておりますので、予めお客様ご自身でご準備ください。

 

5.表面保護シートの取り外し作業

表面シートの剥がし作業
▲今度は、表面の透明保護シートを、ゆっくりと剥がしていきます。力強く引っ張ってしまいますと、カッティングシートともども、一緒に剥がれてしまいますので、場合によっては、カッティングシートを手で抑えながら、表面の透明保護シートを剥がしてください。

 

6.作業完了後の確認

貼付け完了!
▲透明な保護シートを剥がせば、あっという間に作業完了です。お疲れ様でした。ウィンドウ装飾の職人さんと同レベルの作業を行う事ができました。専門の業者さんにお願いしなくても、おしゃれEXPOで購入して、ご自身で貼付けてしまえば、コストもカット出来て、経費削減にも繋がりますね。

最後に、今一度綺麗に貼れているか最終確認を行ってみてください。ご自身で貼付けされると、完成時の達成感、満足感も格段に違いますね。

 

完成後(表面)
▲表面からの完成イメージ

完成後(裏面)
▲裏面からの完成イメージ

 

今回ご紹介させて頂きました、カッティングシートは、こちらからご購入頂けます。

是非!この機会に、カッティングシートによるウィンドウ面、壁面装飾をご検討ください!

http://www.oshare-expo.com/shopbrand/ct11/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です